周辺観光

能勢のきのこ

2014年8月8日

能勢で見られるキノコのまとめ

タマゴタケ1

207449658_624.v1407340077
頭を出してきたタマゴタケ 

via:ピピンのわくわく

タマゴタケ2

207449663_624.v1407340070
かさが開く前の状態

via:ピピンのわくわく

タマゴタケ3

207449642_624.v1407415573
かさが開いた状態

via:ピピンのわくわく

ツチグリ

6454
ツチグリなるものが存在するのは知っていたけど、自分とは無縁の所にあると思っていました。今朝の散歩に、久しぶりにメガネをかけていったら、ナントナント、ツチグリ発見。
via:ピピンのわくわく

タマシロオニタケ(テングタケ科)

タまシロオニタケ?(テングタケ科)
ツボのところが丸いタマ状になってるのが特徴です。有毒傘の直径10cmくらいの大型のキノコ
via:自然観察日記

ミズコケノハナ(ヌメリガサ科)

ミズコケノハナ(ヌメリガサ科)
苔の上に生えるキノコ。傘の直径は5mmくらいの極く小さいキノコ
via:自然観察日記

ベニヒガサ(ヌメリガサ科)

ベニヒガサ(ヌメリガサ科)
こちらも苔の上に生える赤いキノコ。傘の直径は1cmくらい。
via:自然観察日記

キツネノカラカサ(ハラタケ科)

キツネノカラカサタケ(ハラタケ科)
 林内の地上にはえる。傘の直径2~4cmの小型のキノコ
via:自然観察日記

キヌガサタケ(スッポンタケ科キヌガサタケ属)

454641
玉子から伸び始め2~3時間で頭の黒いグレバからレースが降りてきてこのような姿になる。この後数時間でレースは縮んでしまう。
via:「山と花のデジカメ日記」

アカヤマドリ

463467
道端に、直径が10センチ以上もある、アカヤマドリが出ていた。食べられるキノコらしいが、ちょっと手がでない。
via:Yuzurihaののんびり山歩き

ニンギョウタケ

4464313
秋のキノコを期待したが、収穫はこのニンギョウタケ(食)のみ。雨の効果はもう少し日にちが要るようだ。
via:
趣味とともに日々楽々

アミガサタケ

35468
キャンプ場内の森の中で、「アミガサタケ」らしきキノコを発見しました。名前の由来にもなっている、網目のカサが独特です。
via:
青少年自然の家わっぱる

シロオニタケ(幼菌)

4684
真っ白な体の色と、頭のとげとげ。これを「シロオニ」に見立てた人は、かなりセンスが良いと思いませんか?
via:
青少年自然の家わっぱる

不明

165468
剣尾山にきのこがたくさん生えていました。
via:
神戸からの山歩き

アミガサタケ

546846
妙見の新滝道は幾度となく通いなれた道。しかし、いつ来ても新しい発見がある。
via:
夢みるきのこ

サルの腰かけ

4646494
紅葉にはまだチョット早いが樹木によっては色ずいて(茸・サルの腰かけ)いた。
via:
ベゴさんのロッキング

府道4号未舗装区間まとめ

2014年8月5日

01544野間の大けやきからすぐの所にある、府道4号未舗装区間である猪ノ子峠。

大阪の府道で未舗装なのは、ここと、もう一カ所だけらしいです。
諸事情で未舗装なのですが、みんなから愛されているダート道です。
この峠道から見下ろす田尻の集落の眺めは本当に素晴らしいです。

いつか舗装されてしまうのでしょうが、この道の雰囲気がいつまでも残って欲しいなあと思います。
(※基本的には迂回が指示されている危険な道ですので、通り抜けは自己責任でご判断ください。)

土砂崩れのため通行止めになりました。(2014年8月現在)

ロードバイクで

5
未舗装2kmはロードバイクじゃ辛いかなと、この時点で進むのをやめようかと思いましたがちょっとだけでも様子を見てみたくて進んでみました。
眺望が開けるところもありました。下田尻の集落でしょうか。下田尻の集落と府道106号線です。手前は栗林です。

via:http://nekotani.blog.fc2.com/blog-entry-36.html

スクーターで

6
二人とも転倒せずに山頂のNHKアンテナ基地局まで到着。
途中、鹿さんに遭遇しました。栗食べに来てたのかにゃ(・∀・)

via:http://yamabikooff.seesaa.net/article/377157617.html

モトラで

54644
小さくなったフェンダーの具合確かめに行って来ました。
このダートには道幅いっぱいの水溜りもあります。ジャッポリ漬かりながら抜けました。

via:http://blogs.yahoo.co.jp/croqui9696/16632189.html

ランドクルーザーで

7
路面は踏み固められており、安心して走れます。ただ、大きな石がそこらじゅうに顔を出していますので、オーバースピードだけは控えてください。

via:http://homepage1.nifty.com/U20L/u30l/lc100-etc-off-r4.htm

マーチで

3
数少ない大阪府道でもダート区間がある道。
通り抜けできるダート府道はここと61号のみですが、何故かどちらも主要地方道(爆)
こちらも南からでは普通の道で、箕面付近では結構な急なカーブの続くワインディングといった印象です。
そして最終的にダートへと。
61号程長い区間ではありませんが、最近荒れ方が酷く、真ん中の轍の盛り上がり方が脅威で、我がマーチでも浮きそうになりました(笑)

via:http://minkara.carview.co.jp/userid/453915/spot/561895/

カワサキで

1
支線は全長3キロ程でした。
本線に戻って分岐から約1kmで未舗装区間終了です。
約4ヵ月ぶりの林道走行だったので
支線往復も入れて8km程のこの距離は慣らしには丁度良い距離でした。

via:http://yamabikooff.seesaa.net/article/376613245.html

ジムニーで

2
自然のアーチ。
今の季節、山の中ではスズメバチがバンバンと車体にぶち当たってくるから、窓は開けれない。

via:http://minkara.carview.co.jp/userid/1069116/car/830163/2703215/photo.aspx

こんなイラストまで

8
アートレイクゴルフ倶楽部の先、大阪府道4号茨木能勢(いばらきのせ)線は途中でダート道になるいわゆる「使えない道」です。何も知らずに迷い込んで入っちゃう人なんていないよね。いないよね…。

via:http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=41678617

猪ノ子峠/大阪府道4号のオフロード区間の感じ方

4
猪ノ子峠を通過する大阪府道4号のオフロード区間を見て、人によって感じ方が異なると思う。例えば、これは府道ではではなくて「腐道」だな、なぜオフロードなのに府道なんだろうか?と思う。
もう一方は、府道なのにオフロードのまま残しているのは、何か歴史的な背景でもあるのかな?と思う。この違いが猪ノ子峠を実際に訪ねた時に、目に付く物や楽しみ方の違いになるように思う。

via:http://touge1000.com/touge/457/

築100年の誇り高き酒屋「嶋田酒店」

2014年6月12日

能勢の「三黒三白」をご存知でしょうか?
三黒は、黒牛・栗・炭。
三白は、寒天・米・酒。
その中でも日本酒は、一時隆盛を誇り、能勢街道沿いに造り酒屋がいくつも点在していたそうです。

有名な3つの酒銘がありました。
「桜川」「秋鹿」「東松」

「桜川」を製造されていた能勢酒造さんは現在、ミネラルウォーターやサイダーの製造に移行され、残念ながら現在は銘酒「桜川」を飲むことはできません。
「秋鹿」は唯一、現在も飲めるお酒で、全国新酒鑑評会で金賞を受賞されるほどの全国的に評価の高い蔵元です。
そして、「東松(とうまつ)」。
このお酒も今はありませんが、当時の造り酒屋の建物をそのまま生かして酒店を営んでおられるのが、この「嶋田酒店」さんです。

0611_1
この圧巻の佇まいに、感動します。町の酒屋さんにはない風情があります。
店主の嶋田さんが自らしたためた書が、おおらかで、味わい深くて、良い感じなんです。

0611_2
これぞ古き良き酒屋の入り口です。
吊るされているのはスギの葉を集めて作られた杉玉。
造り酒屋の軒先に吊るされる杉玉は新酒が出来たことを知らせる意味があったそうです。

0611_3
店内はこのように非常にストイックな姿勢で貫かれています。
スーパードライとか、一番絞りとか、そんなものは、ここにはありません。

0611_4
能勢の地酒「秋鹿」。
蔵元自らが自営田で酒米を無農薬栽培するというこだわりの酒です。

0611_5
ひやも冷えています。

0611_6
能勢の地サイダー、地ジンジャーエールもキンキンに冷えています。

0611_7
お酒ではありませんが、能勢の山椒で作った醤油。
冷や奴にかけると美味いんです。

0611_8
そして、なんとオリジナルの日本酒も出されています!
「摂丹の霧」と「能勢の四季」。

0611_9
ご主人の嶋田さんは、「家村耕」と言うペンネームで明智光秀をテーマにした小説を書かれている作家でもあります。
書も絵画も文章も、マルチに手がけられる、まさに「風流人」。

ネットで何でも買える時代だからこそ、何処で何を買ったかにこだわりたいもの。
日本酒愛好家のみなさま、ぜひ大阪・能勢の嶋田酒店まで足をお運びいただいて、秋鹿の新酒を手に入れてください。

趣ある酒屋で、粋なご主人と語らい、手に入れた酒は格別の味がするでしょう。

嶋田酒店
住所:〒563-0121 大阪府豊能郡能勢町地黄905
電話:072-737-0205

能勢と坂本龍馬まとめ

2014年6月11日

02154
幕末に撮られた、一枚の写真。
左の侍の袖に切竹矢筈十字の家紋があります。
この侍は幕府の長崎奉行だった能勢金之助(能勢大隈守頼之)ではないかと言われています。

via:aburayaのブログ

切竹矢筈十字とは何か?

yjimage
この紋章は能勢頼次公から使用されました。吉例の「矢筈(やはず)」が寄り合ってできたものです。この紋章は能勢妙見山が独自のものとして使用しています。

via:能勢妙見山-歴史(由緒・縁起)

能勢のあちこちで見られる旗

0a99e0ff
能勢のあちこちで、茶色や青の旗が建っています。
地黄城跡地の近くには中世の能勢氏の丸山城、大阪府指定文化財の真如寺の銅鐘、能勢氏代々の墓石がある清普寺があります。

via:能勢黒牛のblog

能勢金之助って誰?

w12tyoshu11
元治元年(1864)亀山社中設立1年3ヶ月前、幕府の軍艦奉行勝海舟は、外国艦船の下関攻撃回避するための対策を講じるため、目付・能勢金之助坂本龍馬、近藤長次郎等、総勢42名を伴い来崎。

via:坂本龍馬と長崎~勝海舟に出会うまで

能勢金之助と勝海舟、坂本龍馬

能勢金之助は、元治元年(1864)一橋慶喜から、外国艦隊の下関攻撃を回避せよ、との御用を受けた勝海舟に、坂本龍馬と共に目付として同行した。

日程は、2月14日~4月11日。金之助と海舟は、米国と蘭国の領事との会見調整を行う。又、長崎海軍伝習所や鉄工所、造船所を視察したり、横井小楠の『海軍問答』を聞いている。慶応元年(1865)8月10日、金之助は長崎奉行となる。イカルス号事件では、龍馬に配慮する。

via:大阪市 日蓮宗 正善院

坂本龍馬と北辰一刀流

yjimage-1
北辰一刀流(ほくしんいっとうりゅう)
千葉周作が創始した、北辰夢想流と一刀流を合わせた古流武道の流派。
文政5年(1822年)に、千葉周作により日本橋品川町に道場「玄武館」が開かれた。この道場は幕末の江戸三大道場のひとつに数えられるほどに成長した。

坂本龍馬は千葉定吉のもとで剣術修行を受けた。

via:坂本龍馬人物伝

北辰一刀流の北辰とは?

北辰一刀流の北辰とは夜空に浮かぶ北斗七星のことです。

流祖である千葉周作は、北斗七星の化身とされる妙見菩薩を信仰していたということからこの名がつきました。

via:北辰一刀流剣術 ~ 玄武館

坂本龍馬・勝海舟と能勢妙見

katuphoto
墨田区の能勢妙見山別院は、能勢妙見山の唯一の東京別院です。能勢妙見山の東京別院は正式名称を「妙見山別院」といいます。能勢頼直の代に江戸の下町本所に下屋敷を賜ったため、安永3(1774)年屋敷内に堂宇を建立し妙見大菩薩のご分体をお祀りしたのが始まりです。

妙見山別院は親子鷹でおなじみの勝小吉と勝海舟親子の熱烈な信仰を得ていたことで有名です。平成22年にはNHK大河ドラマ「龍馬伝」の龍馬伝紀行で龍馬と佐那(さな子)がよく参拝に訪れた寺院として紹介され、歴史ファンなど多くの参詣者が訪れています。

via:妙見山別院

能勢妙見山
住所:〒563-0132 大阪府豊能郡能勢町野間中661
電話:072-739-0329

能勢に新しいドッグラン!

2014年5月29日

西能勢に新しくドッグランがOPENしたと聞き、行ってきました。

「ありなし珈琲」には愛犬連れのお客様が、毎回たくさんお越しいただいていますが、是非こちらのドッグランにも足を運んでいただければ、ということでご紹介させていただきます。
野間の大けやきからだと、車で20分くらいです。

0529_2
能勢クロスガーデンという所です。
ウッディーな看板がいい感じ。

0529_4
できたてホヤホヤの建物なので、ウッドデッキもピカピカ。清潔です。

0529_6
いろんなワンちゃんがいて、気になります。

0529_7
あの子も気になるなあ。

0529_8
ドッグランで走らせてもらいました。
気持ち良さそうです。

0529_5
併設のレストランで食事もできます。

クワトロフォルマッジと、能勢ジンジャーエールをいただきました。
とてもおいしかったです☆

0529_1
こんなアジリティーもありましたよ。

能勢クロスガーデン
HP:http://www.cross-garden.com/
FB:https://www.facebook.com/crossgarden
住所:〒563-0372 大阪府豊能郡能勢町山辺1428-1
電話:072-734-1111

さあ、4連休♪

2014年5月2日

いそいそと。

0502_2

うきうきと。

0502_1

子供たちや孫たちが能勢に帰ってきて、家族総出で田植えです。

taue

ありなし珈琲も連休中は4日連続でOPENします!
まだ能勢に行ったことがないという方も、このベストシーズンに是非お越しください。

5月。

2014年5月1日

0501_1
田んぼに水が、はいりました。

真っ正面に見えているのが、大けやきです。
やっぱり大きいですね。

0501_2
苗もスタンバってます。

大けやきsunrise

2014年4月26日

sunrise_4
日の出の大けやきを撮りました。

sunrise_3
昇る朝日の日差しを受ける大けやき。

sunrise_2
朝は木にいろんな野鳥が集まっていて、すごいですよ。

sunrise_1
ぜひ東郷に一泊して、この日の出の大ケヤキを見てください。
これから蛍のシーズンが到来しますので日の入り後も楽しめます
お泊まりはこちら↓
農家民宿 みちくさ

新緑の大けやき

2014年4月17日

0417_1
今日の陽気で、大ケヤキの若葉が一気に芽吹いた感じがします。
これから更にもりもりと葉が大きくなって、アオバズクもやってくるでしょう。

0417_2
能勢・東郷は今、田植えの準備で忙しいです。