能勢特産品のパッケージデザインまとめ

2014年10月5日

能勢には様々な「特産品」があります。
その「特産品」を包んでいる「パッケージ」をまとめてみました。
並べてみると能勢には素敵なデザインが数多くあるということがよくわかりますね。
(画像をクリックすると引用元の画像に飛びます)

暮部菓子店「でっちようかん」

001
斜めに入る文字と絶妙な余白。
有名な丁稚羊羹の包装紙のデザイン。
電話番号の漢字縦書きが「昭和感」を出していて良いですね。

銀寄 能勢栗

008
道の駅のマスコットキャラクターである、くり坊がかわいい。
毛が3本は新鮮な証です。

能勢菊炭

014
箱の表面のラメのような光沢。
黒の質感のこだわり。
箱の中に収まった炭。全てが美しい。

能勢天王トマト

013
赤とグリーンの二色使いの配色が絶妙ですよね。
ゆるいTOMATOの文字がかわいい。

栗焼酎「銀寄 能勢」

011
ロックで飲みたくなるシャープなデザイン。
銀寄の文字の色が渋い。栗で草木染め(鉄媒染)をするとこういう色になる。

フジコン「プレミアム濃縮パワードブラウンゼリーS」

009
クワガタ・カブトムシの主食ゼリー。
No1ブランドということで、高級感ありますね。

フジコン「DEBRO 発酵マット」

010
高級感のある発酵マット。
マニア向け商品のパッケージは妙にそそりますね。

フジコンの段ボール箱

015
クワガタ愛好家は捨てずに、おそらくとっておくであろう段ボール箱。

風気庵「wild honey」

007
今までのハチミツのイメージを覆す斬新なデザイン。
ハニカム構造とプラモデルのランナーの組み合わさった感じ。

小谷養鶏場「能勢ぷりん 贅沢」3個入箱

018
箱に贅沢と書かれてあるだけで、ものすごく贅沢な感じがします。
ワンポイントの落款の赤が効いてますね。

能勢酒造「能勢ジンジャーエール」

006
女性が好みそうなデザイン。手書き文字の抜け感が最高です。

能勢酒造「サワーソーダ」

016
レトロな感じがたまらない。
おそらくソーダの泡をイメージしていると思われる。

秋鹿酒造「純米吟醸酒粕」

004
酒粕の白い部分に、完璧な比率でロゴが入っています。

秋鹿酒造「無濾過生原酒 へのへのもへじ」

005
蔵元の遊び心が感じられる粋なデザインですよね。

秋鹿酒造「千石谷・秋時雨」

002
晩秋の夜に降る時雨が風に舞ってキラキラ光る感じ。
パッケージを見ているだけで能勢の風景が浮かびます。

秋鹿酒造「純米吟醸酒 倉垣村」

019
豊能郡能勢町倉垣ではなく、摂津國能勢郡倉垣村。
商品名もデザインも男前すぎます。