三草山のゼフィルスまとめ

2017年12月13日

初音ミクの髪。ルーシーリーの器。シボレー・ベルエア。WEBカラーでいうところの

#00B7CE。

02
ミドリシジミの翅の色。信じられないくらい美しいですよね。
この色は「構造色」といって光の当たる角度や見る角度によって色が変わったり輝きが変わるそうです。

この金緑色の輝きは、一度見てしまったら忘れることが出来ません。

002

ミドリシジミの仲間の翅表の輝きは所謂「構造色」で、光の当たる角度や見る角度によって色が変わったり輝きが消えたりします。
一番綺麗に撮るには、前方斜め上から撮るのが輝きが強く出るのですが、そこは相手は生きている蝶ですから、必ずしも注文通りにはいきません。

ゼフィルスに会いたいな

翅表を撮らなければ意味がない。そのためには生態の知識がなければならない

003

ゼフィルスの撮影では、翅表が金緑色に輝くクリソゼフィルス属、青色が美しいファボニウス属では、翅表を撮らなければ意味がない。そのためには生態の知識がなければ ならないが、それに撮影に適した生息地の選定も重要になる。後は、その年の発生状況とスケジュール、そして天候と運である。誰が見ても「これは美しい」というような「最大限の美しさ」を残せるよう頑張りたいと思う。

ホタルの独り言 Part 2

↑カメラマンの知識と力量が試されるチョウのようです。

「三草山」には日本に生息するミドリシジミ類25種のうち10種が生息している。

003

能勢町三草山ゼフィルスの森(14.48ha)には、日本に生息するミドリシジミ類の蝶(ゼフィルスという愛称でよばれる小型の蝶)25種のうち10種が生息しています。中でもヒロオビミドリシジミにとって、府内唯一の生息地であり、日本の分布の東限になっています。

大阪みどりのトラスト協会

↑大阪で唯一、能勢で見ることができるそうです。すごいですね〜。

少年時代の手塚治虫が必死で探したゼフィルス。

003

まわりから白い目でにらまれながらそれでもぼくは
つかれたように蝶を追い回した
とくにぼくが血まなこになっていたのは
ゼフィルスという小さな蝶だった

手塚治虫と戦争

↑漫画の神様の原点。箕面の止々呂美や能勢にも来ていたらしい。

生物多様性の指標となるチョウ

003

チョウ類は、他の陸上昆虫類の増減傾向の指標とされ、その個体数減少は、生物多様性と生態系の健全さ、農業にも警鐘を鳴らすものだという。

環境展望台

↑能勢町が生物多様性全国第1位になったのと関係あるのかもしれません。

減少の著しいチョウの生活を三草山の環境が支えている

003

ゼフィルスの森は東京ドーム3個分ほどの面積しかないにもかかわらず、大阪府域で記録のある約100種の約半数が確認され、都市化とともに減少の著しいチョウ類の生活を支えていることがわかったのです。
チョウたちと守る里山

↑日本生態学会の「里山のこれまでとこれから」より。

食餌木となるナラガシワを適切に管理する保全活動が重要

003

三草山は、かつて人々の生活の一部として利用される里山で、人が適度に手入れをしていた自然が蝶の生育に適した環境をつくり出していました。ヒロオビミドリシジミの幼虫には特に食餌木となるナラガシワの生育が重要で、ナラガシワも府下では生育が稀となっています。その為、ナラガシワ林を適切に管理しながら、三草山の貴重な環境を残すため、また、ミドリシジミ蝶を守るために保全活動が重要です。
24時間テレビ

ナラガシワが大事。おぼえておこう。

地元企業も三草山ゼフィルスの森の保全活動に協力

003

大阪府の地元企業として、この地域森林の環境保全に貢献できればとの思いから、公益財団法人 大阪みどりのトラスト協会が行うこの保全活動に2010年より協力しています。経営思想である「共に生きる(LIVING TOGETHER)」のもと、生物多様性保全活動を継続して展開していくことで、地球環境の保護に貢献してまいります。
京セラドキュメントソリューションズ

もはや能勢の宝というより地球の宝です。
企業の力も借りて地球環境保護。

三草山ゼフィルスの保全活動に参加しよう。

003

大阪みどりのトラスト協会では定期的に保全活動を行っています。
カレンダーの日程をチェックして保全活動に参加してみませんか?

カレンダー

カレンダー見ると今月はもう終わってました。また来年。

ゼフィルスの森 トラスト基金

003

保全活動に参加できないけど協力したいという方。
寄付という形もあります。

ゼフィルスの森 トラスト基金